お求めやすい価格でお墓を建てたい方へ

日本とは違うお墓事情

墓地

日本では家族とともにお墓に埋葬されますが、アメリカなどでは故人一人一人にお墓が作られます。家族でもお墓が遠く離れていることは珍しいことではなく、埋葬方法も近年変化を見せています。

内容を詳しく知りたい方はこちら

お墓に込められ意味

感謝と掘られているお墓

お墓は先祖を供養するために欠かすことのできないものです。墓石の種類によって価格帯は様々で、生前に自分のお墓を購入する人も増えています。販売業者なども多いですが、優良な業者を探すことが大切です。

内容を詳しく知りたい方はこちら

一生に一度の買い物

霊園

お墓は一生に一度の買い物と言っても良いでしょう。良い墓や悪い墓という概念は無いため、個性的なものやスタンダードなものまで、自分の好みにあったデザインなどからお墓を選択しても良いでしょう。

内容を詳しく知りたい方はこちら

お墓の歴史

大和市で葬儀をする時には、香典返しやその他の注文ができるここの会社がおすすめです。納得のいく価格で対応してくれます。

お墓

日本では古来より亡くなった人を埋葬する風習がありました。今のように火葬ではなく土葬によって埋葬されていた故人の亡骸は、災いをもたらす悪霊に利用されないように石などを抱かせ埋葬されていたのです。時代が過ぎ、発展していくにつれ、ただ埋葬されていた亡骸は棺に入れられ埋葬されるようになっていきます。今なお現代に残されている古墳は、故人の権力を象徴するために大きく作られていたのです。しかし、権力を誇示する大きなお墓は民を苦しめる結果となったため、徐々に廃止の方向へと進んだのです。権力と財を持っていた貴族などとは違い、一般の民のお墓はとても簡素なものでしたし、お金が無い人は共同墓地に埋葬されていたのです。仏教の教えが広がってからは墓石の形も意味を持つものに変化し、今のような形に落ち着いたとされています。このようにお墓には長い歴史があり、時代の変化と共に大きく変化を遂げてきたのです。

お墓を建てることで家族との絆を作ることができ、家族や先祖に対する感謝の気持ちを育むことができると考えられています。そのため、多くの人が生前にお墓を購入し、亡くなった後に備えています。お墓の販売業者も多く、価格の材質や大きさによって様々なのです。家族単位でお墓に埋葬される風習を持つ日本とは違い、欧米諸国では故人一人に一つのお墓が与えられます。墓石には生きた年数と故人の名前、メッセージなどが刻まれていることが多く、墓石の形も日本のものとは違います。日本が縦長の墓石が一般的であるのに対し、アメリカなどでは正方形の形をした小ぶりな墓石を使用していることが多いです。お参りに対しての概念なども日本とは少々違いが見られます。土葬の文化が受け継がれてきた欧米諸国ですが、近年でが日本同様に火葬を行う教会も増えてきています。しかし、日本のように骨を納骨するというわけではなく、灰になるまで高温で焼却することが通常のようです。埋葬する分は少量で、自宅に保管したり思い出深い地に散灰することもあります。同じ火葬でも、日本とは違った価値観を見ることができるのです。

遺品整理プログレス

形見分けをしながら整理整頓をしたいヒトに最適。遺品整理を大阪で依頼するなら、明瞭会計で対応してくれるこちらへどうぞ。

Recomend Link

  • 不用品回収は福岡片付け隊

    不用品回収も行なってくれる福岡の遺品整理業者なら、忙しくて片付けに手が回らない遺族をサポートしてくれます!